年長組の活動 陶芸作家 飯田先生の工房へ



年長組の子どもたちは、先日作った卒園記念の茶碗の素焼きを陶芸作家の飯田先生の所に取りに行きました。先生の工房で、大きな窯から出てきた作品を大切に手に取り「次はこれに色を付けてくるんだよ。」と説明を受けました。プロの作家である先生のダイナミックな作品を見せて頂くと、みんな目を見はっていました。「どうしてそんな形にしたの?」「これは何に使うの?」等、たくさんの質問にも先生は真摯に答えて下さいました。普段の園の生活から離れた活動にも、年長組の子どもたちは緊張感を持ちながら真剣に取り組みます。これからいくつかの行程を経てそれぞれの作品がどんな風にできあがるのか楽しみです。

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示