年長組の子どもたちへ 卒園生より



       大虹さん=年長組

 昨日、『大山の神様の水と田んぼの餅米でみんなが元気になるお餅屋さん』という、年長組が卒園前の活動をしました。

 約1ヶ月かけて計画してきた活動をやり遂げ、達成感とみんなに喜んでもらえた自信に満ちた今日1日でした。

 そんな中、お餅を食べた兄弟の卒園生から年長組へ手紙が届きました。そこには、お餅のお礼と共に、小学校への希望が書かれていました。まさに一語一句が今の年長組の子どもたちへ伝えたいことでした。

 年長組のサークルで読みました。読み終わると、「へ〜、小学校ってそうなんだ」「小学校行きたくなった」という言葉が漏れ、「いつでも見れるように手紙、貼っておいて」と言われました。

 小学校にむけて、少し不安と緊張があることでしょう。卒園生がこんなに後輩の気持ちまで察することができるタイムリーなお手紙をくれたことに感激しました。

 子どもたちは、この後、それはそれは元気に遊びました。





閲覧数:96回0件のコメント

最新記事

すべて表示