「虹の丘は自由なところだぞー!」について話し合う子どもたち



節分の日、年長組の子どもたちが中心となって、「虹の丘ってどんなところ?」というサークルをしました。そして、その言葉を叫んで、「虹の丘はこんなところだぞー!遊びまくるぞー!」という気持ちでみんなで豆まきをしました。

その時発言された、たくさんの子どもたちの言葉の中のひとつ、「虹の丘は自由なところだぞー!」という言葉について、先週末、年長組の子どもたちと話し合いをしました。

「虹の丘が自由ってどういうこと?」という問いかけに、

「いろんなことができる!」

「いつでも好きなことができる!」

「本読みたかったら読める。工作したかったらできる。工作しちゃいけない日なんてない。陣取りだって、コマだって」

「嫌な時は嫌って言っていい」

「ダメってことがない」

「けがしたら助けてくれる」

「先生をいつでも呼べる」

「自分たちだけが自由でもダメだ。小さい子たちも自由じゃなきゃかわいそう。小さい子たちが自由じゃないなんて、そんなの怖い」などなど


6歳の子どもたちは、心の中の『自由』という概念をどんどん言葉にしていきました。

そしてさらに話し合っていくうちに、この『自由』を、自分たちが守り続けていかないと、楽しい虹の丘はなくなっちゃう、ということを実感するような話し合いとなりました。

これから、この言葉、この話し合いが、年長組の卒園前の活動へと繋がっていくことと思います。どんなふうに深まっていくか楽しみです。




45回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© Copyright 2023 by Nijinooka

Contact Us

Tel: 0467-58-3883

Address

〒253-0053 

​茅ヶ崎市東海岸北4-5-14