納涼会 年下の子たちのために


『小さいクラスの子たちを喜ばせてあげるために』年長組が計画してきた納涼会。いよいよ年下の子たちが登園してきました。手を取ってお迎えから身支度のお世話。流しそうめんでは、流す役、お世話する役に順番に手分けして、みんなが食べれているかな、困っている子はいないかな、とアンテナをはっていました。ドラム缶風呂もちょうどよい湯加減です。とっても楽しい経験をした年少年中組のこの子たちは、きっと来年再来年、頼もしい姿で納涼会を計画してくれることと思います。


50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示