top of page

我が子に最初にすべきこと①

『我が子に最初にすべきこと ① 』

3歳~6歳位の幼稚園時代は“主体性・意欲・あきらめない力”と“仲間と共感する力”“対話力”を獲得していく時期です。そしてこの力は、「社会人になった時」に、絶対に必要な力です。

 毎年、4月~6月のこの『育ちの芽』では、乳幼児期のこれらの力を獲得していく道筋を保護者の皆さんと確認し合っています。

 佐々木先生に学ぶエリクソンの発達課題の6歳までの三つの発達課題について確認します。

①「基本的信頼感」の獲得 (0~2歳)

②「自律性」の獲得    (2~4歳)

③「意志の力」「共感力」の獲得(3~

佐々木正美先生は、最も重要な発達課題である「基本的信頼感」が人生の一番に最初にあると言っています。基本的信頼感(自己肯定感/自尊感情)は下記のような実感・感覚です。

・子どもが両親との間に強い情緒的絆を形成する中で、自分が両親(母)から愛され、大切にされている、そして、無条件に十分に、永遠に愛され続けるという実感

・この世に対して抱く信頼感「この世に受け 入れられているんだ、信頼してもいいんだ」と感じて安心できる感覚

そして、この基本的信頼感を獲得できれば、人は“一生、安心して生きていける”と言われますが、獲得できなければ、危機的な人生を迎えるとも言っています。では、基本的信頼感はどの様に育まれるのか?『我が子に最初にすべきことは何か』を確認しておきましょう。

 佐々木先生は以下の様に言われます。

子どもは、お母さんを徹底的に信じるところから、自分の人生が始まります。これが基本的信頼感のもとです。ここで、お母さんのことをどれくらい信じることが出来るかが、その後、自分をどれくらい信じることが出来るかにつながっていきます。そして、お母さんに対する信頼を基にして、そのほかの人を信じることが出来るようになっていきます。

 お母さんを徹底的に信じるには、お母さんが“そのままのあなたで良いよ”というまなざしで、“子どもが望んだことを望んだように、望んだだけしてあげる”。しかも、“喜んでしてあげること”はとても大切なことです。

 子どもが望んでいることをきいてあげたからと言って、自分で出来ない子になってしまうことなどありません。

 お母さんに頼めば、たいていのことはいつでもやってもらえるということが、子どもに充分に伝われば、その後は自分でどんどんやり始めます。

繰り返しますが「母親が我が子に最初にすべきこと」は、“そのままのあなたで良いよ”というまなざしで、“子どもが望んだことを、可能な限り、望んだように望んだだけしてあげる”しかも“喜んでしてあげる”ことで基本的信頼感は育ちます。

 しかし、最近、私がとても心配していることは、習い事が低年齢から流行り過ぎていることです。

 佐々木先生から28年間、耳にタコができるほど、繰り返し教えて頂いた事があります。

『いいですか皆さん、これはカウンセリングのイロハで教わることです。親がどんなに子どもの将来のことを思っての事だとしても、習い事などが過剰期待になれば、子どもが親から受けるイメージは“拒否”です。「父さん母さんは水泳が下手なあなたでは受け入れられない」「成績が良くなければ、認められない」「英会話が出来ないあなたは嫌なんだ!」ということを伝えているのと等しいのです』

 今のままの自分では親に受け入れてもらえないと言われた子が、自分に自信など持てるはずがありません。

 つまり、基本的信頼感を育てる“そのままのあなたでいいよ”というまなざしと真逆の行為になってしまい、自分を信じる力を失っていきます。

 

 「かけっこがビリだって良いよ。成績が悪くたって良いよ。そのままのあなたでいいよ。あなたは世界でたった一人のお父さんとお母さんの大切な子」

 そんなまなざしが、自分を信じる力が豊かな子を育てると強く感じています。

 2023.4.山田 昇

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page