幼稚園の生活より 文字や数について

最終更新: 2019年8月30日



びわをたくさん収穫した日のことです。子どもたちは、何個とれたのか知りたくなり、数え始めました。159個でした。またある時は、新聞紙で動物とその小屋を作ったので、早速小屋に看板を立てることになりました。蜂の巣を発見したときは、みんなに危険を知らせるために、張り紙を書きました。生活の中で身につけた文字の持つ大切さ、数の概念こそが、子どもたちの生きた力になります。


24回の閲覧

© Copyright 2023 by Nijinooka

Contact Us

Tel: 0467-58-3883

Address

〒253-0053 

​茅ヶ崎市東海岸北4-5-14