年長組 万華鏡の世界から、様々な虹色の世界を工夫して作る子どもたち


色とりどりの世界を作っている年長組の子どもたち。

 今日は、サークルで「今、自分は〜を作っているから、〜を仕上げたい」とか、「もっと〜を作りたい」など、自分の課題を発表し合いました。

 これまで、この活動を3週間、一人ひとりのやりたい気持ちを大切に毎日を過ごしてきましたから、ここで、『自分の課題を自分で決めて、それを諦めずにやり遂げる』ことに挑戦しました。


・「万華鏡の置くところを仕上げて、金色のスプレーをしたい」

・「虹色の灯りを自動で回る様にしたい」

・「もっとすごい色水の瓶を作りたい」等々


そして、全員1人残らず、自分の決めた通り、課題をやり遂げました。素晴らしい!課題はやらされてやるものではないなあ、と、つくづく感じます。最後にはもちろんみんなで賞賛し合いました。














閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示