年長組の茶碗作り





年長組の子どもたちは、給食で大活躍の土鍋の陶芸作家、飯田先生に、お茶碗作りを教わりました。虹の丘で遊んだ思い出深い場所から一握りの土を粘土に練り込む初めての体験です。「卒園してから、ずっと使う茶碗だから、持っている力を全部出しきることが大事!」と先生に励まされ、力のいる作業から指先を繊細に使うことまで、子どもたちは真剣そのものでした。

48回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示