年長組のお母さんへの思い




11月、年長組はお母さんのためにカラスウリを探しに里山へ行きました。子どもたちから手渡されたカラスウリをお母さんは最高の笑顔で喜んでくださいました。それ以来、子どもたちのお母さんへの思いは、どんどん膨らみました。手のひらを合わせてお母さんを思うと、子どもたちは「あたたかくなって、ひかりになる~」と話していました。花のように広げたその手で、クリスマスに渡したいお母さんへのプレゼントを心を込めて、今日も仕上げています。


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示