ユニセフの『世界の子どもたちの緊急事態』について引き続き話し合う年長組の子どもたち



 昨日時間切れとなった話し合いの続き。今日は、インドとナイジェリア・モザンピークの国について調べました。

 昨日は、食料不足で栄養失調の国へ、「お米を送ろう」「種を育てるのはどうか」などという意見が出ていましたが、実際に国の様子を調べた後では、「種を育てている間に赤ちゃんが死んでしまう」「お米を送っても、汚い水で炊いたら病気になっちゃう」と、更に意見が出ました。

 そして、いろいろ資料を調べて、みんなにも知ってもらおうと、各々看板を作りはじめました。やっぱり時間切れとなってしまい、明日もこの続きをしようということになりました。








67回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示