クリスマス会 年中組


 年中組は、サンタのお仕事を助ける妖精のお話の絵本の世界から、部屋に妖精の家を作り、ファンタジーの世界を楽しんできました。そして、ママに自分だけの妖精を作って贈り物をしました。

 登場や歌など自分たちで考え、考えたことをどんどん形にして当日を迎えました。

「大好きなママがびっくりするかな」というワクワクした気持ちが、子どもたちの意欲を沸かせる原動力となりました。ママの存在は素晴らしいです!










閲覧数:94回0件のコメント

最新記事

すべて表示