「みんなが喜ぶ世界にしたい」という話し合い


 お母さんたちのバザーは、自分の子どもだけでなく、世界の子どもたちにも、目を向けて、ユニセフに寄付をします。

そのことを年長組の子どもたちとも話し合いました。

 ユニセフの記事を読み解き、何日かかけて、一人ひとりがどう感じ、心に思うことを出し合い、最終的に「みんなが喜ぶ世界にしたい」という思いをユニセフさんに手紙を書くことになりました。















閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示