ぼくのオカリナ


今日は、I くんのお誕生日会。この日を首を長くして、待っていたIくん。その理由は、虹の丘で5歳の時に贈られた、お姉ちゃんのオカリナが、うらやましくて仕方がなかったからです。そして、とうとう自分のオカリナが、プレゼントされました!世界で、たった一つの音色を嬉しそうに何度も奏でているIくん。その姿を見ているお母さんも、幸せいっぱいの笑顔でした。


112回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示