おだんごぬすみ


昔、十五夜お月見には、お供えした団子を子どもたちが盗む風習がありました。その夜、子どもたちは神様の子になると考えられていて、団子を盗まれるのは、縁起が良いとされていました。毎年、年長組から小さい組の子たちへ、代々伝えられている行事です。(今年は十三夜の時期に合わせました。)

59回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示